自由設計の注文住宅だからこそコストダウンが可能!大きくコスト削減できるのはこの部分!

自由設計の注文住宅だからこそコストダウンが可能!大きくコスト削減できるのはこの部分!

同じ新築の建物であっても、注文住宅を建てる場合には建売住宅等と比較してコストがかかるというイメージがあります。
確かに希望する建物への要望や依頼を取入れてもらえる分だけでも、そこにかかる費用の負担が大きくなってしまうのは間違いありません。
しかし、結果として掛かる費用が本当に高くなってしまうのかというと、必ずしもそうとは言い切れないのです。
例えば建築に使用する資材や部材が同程度の強度があっても、見えにくい部分の物であればランクを下げることも可能です。
また、同じ間取りであっても窓などの開口部分を少なくしたり、その面積を狭くすれば安価で仕上げられます。
そして、注文住宅でもフルオーダーでの建築やセミオーダーでの建築もあり、規格型と同じ資材を利用する方法を選択すれば必然的にコストダウンに繋がるのです。
同様に自由設計だからこそ全体の形状をシンプルにすることや、屋根の形状も切妻にするなどの工夫で人工を下げる要因になります。
注文住宅だからこそ様々な工夫や知恵を働かせることで、必要とする工事費の支払いを少なくすることができるのです。

注文住宅で和室を設置する際の費用の相場は

注文住宅に和室が欲しいと考えている場合、部屋の大きさや希望している注文住宅の広さに応じて向き、不向きが存在しています。
住宅の広さが30坪未満の場合、部屋として設置するのではなく畳を置くだけのコーナーを設置したほうが良いという意見が少なくありません。
畳を置くだけのコーナーの場合、部屋として設置していないため必要な時に畳を敷いて、普段は洋室で利用することも可能です。
そのため、単体で手に入れるよりもずっと割安な金額となり、一般的な住宅を建築するのとほぼ変わりません。
リビングに隣接している半個室の和室は人気の高い物件で、利用する上で通常の単体の物よりも割安となることが多いです。
独立した形で設置するのよりは割安となりますが、その分プライバシーがないと感じる可能性も少なくありません。
独立している部屋の場合には通常よりも100万円前後は高値となるところが多いといわれていますが、ふすまや欄間などにこだわりを持つとさらに高額です。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のお得な知識

このサイトでは、注文住宅ですこしお得になる方法と知識を紹介していきます。人生でもっとも大きなお買い物と言えるのが住まいです。新築なら約5000万円以上もの価格となるため、決して安いとは言えません。少しでも安くなる買い方をしたいところですが、知識を有していれば実現させられます。その点にも触れていくので注目です。

Search